こだわりの地酒


 当蔵のこだわりは、日本酒本来のおいしさを追求することにあります。原料米は、オーソドックスな酒米「とよにしき」がメイン。蔵に沸く水は、名取川の伏流水。この辺りはセリの一大産地として知られるだけに、その質においては定評があります。南部杜氏伝統の寒仕込みによる、飲み応えのある酒をぜひご賞味ください。


伝統を受け継ぐ

 造り酒屋として140余年もの歴史を代々受け継がれた酒造りへの情熱は、現在の主である3代目、さらにその息子へと継承され、近年はこの若い世代が試行錯誤を繰り返しながら新しい時代の酒造りに果敢に挑んでいます。若い情熱と南部杜氏の伝統技と融合し生み出された個性あふれる逸品に、国内のみならず海外でも注目が集まっています。


純米大吟醸 浪庵

 宝船 浪の音 純米大吟醸 浪庵(ろあん)は、みずみずしい芳醇な果実を思わせるお酒。最高の酒造好適米と言われる兵庫県産の山田錦を50%まで磨いて作った浪庵は、アルコール度数15度台と飲みやすく、心地よい香りと旨味、後味のキレの良さが特徴です。
 さざなみの中に佇んで在る庵(いおり)で、浪の音を聞きながらお酒を楽しむ。そういった心象風景をイメージしながら作られているお酒です。浪庵(ろあん)はフランス語で"Loin"と書き、「遠い」という意味があります。

特別純米酒 玲瓏

 宝船 波の音 特別純米酒 玲瓏(れいろう)は、佐々木酒造店の新たな試みを凝縮して醸された酒。玲瓏は60%精米の宮城県産トヨニシキと宮城B酵母を使用した特別純米酒。米の持つ華やかな香り、旨味、喉越しの良さが特徴。飲んだ余韻がお酒の席を静かに楽しませてくれます。
 玲瓏とは玉などが透き通るように美しいさまや、玉などが触れ合って美しく鳴るさまを表す言葉。米と水、酒と料理、お酒の席の人と人、いろいろな出会い、触れ合いが、良きものとなりますようにという願いが込められています。

純米酒 閖

 宝船 波の音 純米酒 閖(ゆり)は、60%精米の宮城県は地元名取市産の減農薬ヒトメボレと協会9号酵母を使用した純米酒。米の味がしっかりと乗りながらも、口当たり軽く、後味はキレのあるスッキリした酒質です。酸度もほどよく高く、食事を美味しく、食事の席を楽しくさせます。
 純米酒 閖は震災後に造られました。創業明治四年、140年近く蔵のあった「閖上」の復興、蔵の再起を故郷の一字に誓いました。地元の米、地元の水、地元の蔵人、そして地元の食材。復興へ向かう宮城、名取・閖上を味と心で知って貰えるよう、まずは美味しい酒を一本造ろう!そんな想いから始まって仕込まれた銘柄です。


販売ランキング

第1位:

第2位:

第3位:

第4位:


お取扱い店

関連リンク

・お酒は20歳になってから。・お酒は楽しく適量を。
飲酒運転は絶対にやめましょう。・妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児や乳児の発育に影響する恐れがあるので気をつけましょう。・飲んだ後はリサイクル。